【退職後9カ月経過】退職前、退職後の心境の変化や大変だったことなど

こんにちは、黒猫Pです。

現在、前の会社を辞めてから9カ月程経ちました。

参考になるかはわかりませんし、全員が同様の心境になるとは限りませんが、

私の退職直前~仕事を辞めた後の心境の変化を書いていこうかと思います。

 

退職直前

【手続き関係】

引継ぎに関しては私の場合そこまで負担にはなりませんでしたが、退職関連の事務的な手続きや

引っ越しの方が色々と大変でした。

というのも、提出書類が以外に多く結構面倒だったからです。

ちなみにどんなもの提出したかというと、

・退職願
・会社の情報漏らさない為の誓約書
・特許の取り扱いに関する書面
・一時金請求書
・退職所得の申告書
・寮の退去申請
・組合脱退届
・雇用保険被保険者離職証明書

・・・と、まあこんな感じのものを提出しました(他にも提出した気がしますが忘れました(笑))

勿論、会社によってや各人の状況によってこの辺は全然変わってくると思いますが、

退職後の雇用保険や国民健康保険の手続きに関わってくるものもあるので、そういったものは

しっかり準備する必要があります。

 

引っ越しに関しても、8年間貯めた部屋の荷物があるので、片付けるのがとてもしんどかったです。

そしてなんとか事前に申請していた退去日に引っ越しも済み、正式に退職となりました。

この時点では役所の手続き等はまだせず、郵便の転送手続きだけ済ませました。

 

【心境】

人間関係もそれなりに良好だったのもあり、私自身何処か尾を引かれる思いがありました。

きっと職場環境が悪ければこんなこと思わずさっさと会社を去りたいとだけ思ったと思います。

最終出社日は職場の人との別れに何か思うというよりも、「やっと終わった・・・」

という安堵感が強かったです。

一つ心残りがあるとすれば、お世話になった他部署の人にもちゃんと挨拶言っておけばよかったかなという点。

 

退職後~3ヵ月(1月~3月)

【手続き関係】

会社からは正式に退職し自由の身となったものの、割と始めは忙しかったです。

保険証や社員証を会社に返し、そのまま役所に国民健康保険と国民年金への切り替えに行きました。

一応退職日前には引っ越しは済んでいましたが、この時に住所変更の手続きも一緒にしました。
(住民票の変更、免許証の住所の変更)

それと重要なのが失業保険の手続きですね。

しばらくの間の貴重な収入源ですので、ここはしっかりやらないといけません。

あらかじめ指定された日にハローワークに行き、手続きを完了させます。
(本来自分で離職票提出や求職の申し込みをしないといけませんが、私のところは会社で一括でやってくれました)

以降、月に2回ハローワークで求職活動の実績を作り、失業保険受給の認定日にハローワークに行くを繰り返します。
(実績作りは、適当にPCで求人情報を印刷し、窓口で応募状況を聞くしかしてませんでした)

あと大変だったのは引っ越した荷物の片付けですね。

いらない物は結構捨ててきましたが、残った荷物もそこそこあったのでそれなりに片付くのに時間が掛かりました。

 

【金銭面】

生活費に関しては特に問題ないものの、思っていたより大きい出費が税金関係。

12月に退職したということで、年度末までの支払いが残ってるのでそれらの請求が届きます。

市県民税:74000円の請求。
健康保険:88400円の請求。

そして、車の車検もあり10万円ほど。

支払い自体は問題ないものの、税金関係がここまで髙いとは思わず結構驚きました。

ちなみに前年度年収が400万程でこの金額です。

【心境】

まだ次どうするかが決まってないというのもあり、内心焦りがありました。

自由な時間は出来たものの、逆にあれこれ色々考えて精神的にも不安定だったような気がします。

 

退職後3ヵ月~6カ月(4月~6月)

【手続き関係】

この頃には必要な手続きは全て完了していました。

引き続き行っていたのは、失業保険を受け取るためのハローワーク通いぐらいです。

引っ越しの片付けも流石にこの頃には終わってました。

 

【金銭面】

この間は特に大きな出費は無かったと思います。

 

【心境・行動】

最初の3ヵ月に比べて、徐々に精神は安定してきました。

ある程度やりたいことが決まったというのもあるけど、

自由な時間が多い生活に慣れてきたというのが大きいかったと思います。

やりたい事に向けた勉強を毎日進めて、後は映画を見に行ったり

パチンコを打ちに行ったりしていました。

 

退職後6ヵ月~9カ月(7月~9月)

【手続き関係】

私の失業保険受給期間が6月までだったので、ハローワーク通いも終わりました。

 

【金銭面】

本年度分の各種税金の納税額が決定し納付書が送られてきます。

これがまた金額が大きいです。

市県民税:164700円
健康保険:266100円
国民年金:195920円

一応払えるから払いましたが、きつい方は役所に相談すべきかと思います。
実家住みで親と合わせて世帯収入それなりあるとかでなければ、年金は免除申請が出来ると思います。

【心境・行動】

完全に自由な生活に慣れて精神はより安定しました。

一日の行動は特に大きくは変化はありませんが、

少し働きたい気持ちが出てきました。

 

まとめ

退職後9カ月間に行った手続きや、自信の心境をざっくり書いてみました。

やっぱり個人的に一番注意する点はお金ですね。

すぐに再就職される方は問題無いかと思いますが、

しばらくゆっくりしようと考えてる方は、税金等の大きな出費が出る可能性を頭に入れて、

退職前にどうするかを考えておいた方が良いかと思います。

勿論、「お金には余裕がないけどブラック企業で働くのが限界」とかになっているような方は、

有無を言わせずさっさと辞めて、最悪一時的に生活保護を受給するなどしてでも心身を休めた方が良いでしょう。

 

 

以上、あくまで私個人の経験や考えを記しただけの記事ですが、少しでも参考になれば幸いです。

 

 

 

よかったらクリックお願いします!
おすすめの記事