【プログラミング】独学での学習法紹介

独学プログラミング学習にはどのような種類があるのか

基本的に参考書で勉強するしか無かった一昔前とは違って、現在では様々な学習サービスを利用してプログラミングを学ぶことが出来るようになりました。
勉強方法が増えた事自体は喜ばしい事ではあるのですが、選択肢が増えてくると、今度は何を使えばいいのかという事を悩むようになりますね。
実際、どれを使うにしてもメリット、デメリットはやはり存在します。
なので、それをよく理解した上で、各自の状況にあった学習方法を選ぶことが重要になってきます。

以下は各プログラミング学習方法の特徴になります。

費用 勉強継続性 勉強のしやすさ 学習範囲
参考書による勉強
覚える言語の数や、勉強の範囲にもよるが、参考書代の初期投資みなので比較的安価。
一冊250円~5000円程と価格は幅広い。
環境整備も含めて、よくわからない時や、うまく動かない時に自分で別途調べる必要があるため、根気が必要。 参考書と、PCを交互に見ながら操作をするため、若干大変。
コピペが出来ない為、本に記載のコードと比較がしにくい。
参考にする本のレベルにより、広くカバーできる
動画系Webプログラミング学習サービス
(dot install)
980円/月 [本で勉強]→[動画で勉強]になっただけなので、結局のところ参考書で勉強するのと同様に根気は必要。 参考書同様、動画とエディタを交互に見るので若干大変。動画内のコードが別途記載されてるのでコピペは出来る。 多くの言語の基礎部分をカバーできる。また、Web系の言語に関してはその他の言語より詳細なレッスンも用意されている。
動画系Webプログラミング学習サービス
(Udemy)
学習コース買い切り型
5000円~30000円程度
※セール中は1200円
dot installと同様 参考書と同様に、動画とエディタを交互に見るので若干大変。
説明の分かり易さや資料の有無は、完全に購入するコンテンツに依存。
購入するコンテンツに依存するが、カバー範囲が広い物が多い
Webプログラミング学習サービス(Progate)
980円/月 ブラウザに直接コードを書ける上に、間違っている部分を指摘してくれるという丁寧仕様なので、わからなくなって止めるというのにはなりにくい。 必要になるのがブラウザだけなので、準備が大変という事も無い。また、お題に対してヒントや、関連するテキストもすぐ見れるため躓きにくい。 ドットインストールと比較すると、Web系以外は若干範囲狭いかも。※Javaでの比較

 

補足

【参考書】

読んでるだけでも、その場では何となく理解している感じもするものですが、
いざ実際にコードを書こうとすると中々ちゃんとした構文が思い出せないものです。
なので、参考書で勉強する場合は基本的にPCでコードを書きながら進めることをお勧めします。
ただし時間が無いときや疲れてる時等は、軽く読むだけでも少しずつ仕組みの理解は出来ていくと思うので、
毎日ちょっとでも参考書に手を付けた方が良いかと思います。

 

参考書自体に関していうと、HTML/CSSとかのWeb系以外は読むだけだと最初はどの参考書を選んでも中々しっくり来るものが無いと思います。
なので、分からなくても同じような初心者向けの本を買わずに、最初の一冊をちゃんと読むことをお勧めします。
結局のところプログラミングなんてのは、どの本を買っても基礎は皆同じですので。

 

【dot install】

dot installの学習画面は以下のようなものです。

動画再生枠があり、その下に字幕が流れます。
基本的に1分程の動画でテンポが速いので再生速度も変えることも出来ます。
右側にはメモ欄があり、一番右下には疑問点等を聞けるメッセンジャーも付いています。
※質問回数には限りがあります。

 

【Progate】

Progateの画面はこんな感じです。

左側にお題があり、中央のエディターに記載していきます。
右側には記載したコードのプレビューが表示されています。
コードを書いた後に、エディター右下の緑のボタンを押すと判定が出ます。
ここで何かミスをしていた場合、「何何が間違っています」等の表示が出て
訂正を促してくれます。
どうしても分からない場合は、エディター左下の、ヒントや答えを見る事も出来ます。

【Udemy】

Udemyの基本的な学習画面は以下です。
購入コンテンツにより若干出来ることも変わりますが基本はこのような画面での学習になります。

動画再生枠があり、倍速設定や画質設定、字幕設定などがあります。
※字幕は購入するコンテンツにより無い場合もあります。

右側はレッスンリストになっていて、コンテンツにより教材が添付されていたりします。


まとめ

今回紹介した4つの方法が、現在独学で勉強されてる方が利用している主な勉強法になるかと思います。

独学でやるメリットはとにかく費用面が安く済むところですが、逆にそのせいですぐに勉強を断念される方も多くいます。

どうしても独学ではきつい方や、早くプログラミングスキルを身に付けて仕事をしたい場合は、やはりプログラミングスクールに通うか、未経験OKの職場で実践的に学ぶのが最速だと思います。

ただ、プログラミングスクールに通う場合は、1ヵ月利用するだけでも10万以上の負担が掛かったりもするので、そこは自身の都合にあった選択が必要になるかと思います。

 

拙い紹介になりましたが、今回の記事は以上になります。

ご閲覧頂き、ありがとうございました!

よかったらクリックお願いします!
おすすめの記事