【映画感想-未鑑賞の方向け】天気の子

本日、「天気の子」を映画館で鑑賞してきましたので、感想書いていこうと思います。

「君の名は。」に続いて、新海誠作品の鑑賞は2回目になります。

映像表現

他の方の感想にも多い様に、やはり映像が綺麗ですね。
テーマが天気なだけに雨模様のシーンも多いのですが、
それぞれとても拘りを感じる映像でした。
個人的には、アスファルトに打ち付ける雨の映像が特に好きです。
降り続く雨の表現や、窓に伝う水滴の表現など、アニメの水の表現というのはとても繊細で
難しい技術だと言われますが、そこは流石、新海誠と言った所でしょう。

ストーリー

さて、ストーリー自体の感想ですが、CMを見た時にはかなり明るい映画の印象を受けましたが、実際は全体的に大分暗いと言うか重いと言うか、とにかくそういう印象です。
ストーリーの盛り上がり的には今一つ欠ける気もしないでもないですが、
そこは音楽も含めた演出が上手いのもあり、飽きる事なく楽しく見られました。
また、新海誠監督自身が述べていた「この作品は好き嫌いが分かれる」と言った意味は、
見ていく内に理解出来るかと思います。

キャラクター

登場人物はそれぞれ特徴的で、魅力あるキャラに感じました。
やはり気になっていたのは、公開前に話題に上がっていた本田翼が声優の夏美ですね。
余りに酷評が多く身構えていましたが、はっきり言って全然問題なしです。
他の登場人物に関しても特に問題ないかと思います。
それと、何より女性キャラが可愛いですね。陽菜も夏美もどちらも好きです!
須賀というキャラについては後半の演出とかも含めて、何となく化物語の忍野っぽいなと思って見てました。

あと、私自身映画を観終わったに口コミサイトを見て知りましたが、君の名はのキャラが5人出てくるようです。
全く意識してなかったのでぶっちゃけ気付きませんでした。
一番良く出てきた一人ですら「君の名はの主人公に顔似てるなあ」と思っただけという……
名前出た時に気付けって話ですが、全く覚えてませんでした。
これから見る方はちょっと意識して観ると面白いかもしれません。

気になった点

序盤からかなり気になっていたのですが、実在する会社やサービス、
商品等々がバンバン出てきます。
スポンサー的な問題なのか、それとも新海誠監督自身が拘りがあったのかはわかりませんが、人によっては、スポンサーの影響を受けている感じがして嫌悪感を抱く人がいるかもしれませんね。

総評

やっぱり好みというか展開に関しては賛否ある作品かなと思います。
個人的に言えば「君の名は。」よりも好きですね。
君の名はよりも「いや、なんでそうなる」っていうのが少なかったからかな……
わかりませんが、とにかく自然体で見れました。
久しぶりにパンフレットも買おうと思いましたが完売でしたね。
つまらなかったらパンフレットなんて買おうとは思わないでしょうし、
それだけ満足してる人も多いということでしょう。

 

というところで、今回の映画感想記事は以上になります。
ご閲覧ありがとうございます(__)

よかったらクリックお願いします!
おすすめの記事