【映画感想-未鑑賞の方向け】DRAGON QUEST Your Story

本日DRAGON QUEST Your Storyを映画館で鑑賞してきましたので、感想書いていこうと思います。

また、私はドラクエ5自体は未プレイになりますので、その上での感想になります。

ストーリー

ゲームのドラクエ5をプレイしていないので、どこまでがゲームに沿っているのか分かりませんが、
本来であれば、2時間で纏められるようなゲーム内容では無いと思いますが、色々なキャラを出しながらも、
そこは上手く話を纏めているかなという印象です。

ただ、ゲームをプレイ済のファンの方の中には、違和感や嫌悪感を感じる方が多いのも事実のようです。
そこは尺の問題や、監督自身の知識や考え方があるので、どうしても不満が出るポイントなのでしょう。

そして、フローラとビアンカ、どっちを選ぶ問題(笑)
ゲーム未プレイの私でも、時折他の作品などでネタにされるのを見るので、何となく知ってる有名な選択肢です。
本作でも一応関連するシーンは出てきますが、選ぶと言うより、ある意味流れ的に初めから決まっていたとも言えるので、
ゲームの中では本当はどういうシチュエーションだったのかと、気になるところではあります。

映像音声

見た瞬間にCGスゴ! という印象を受けました。
人や魔物の質感や動きにとてもリアルさを感じます。

当たり前と言えば当たり前ですが、お馴染みのBGMを使用しているのもなかなか感慨深いですね。

戦闘シーン

気になる戦闘シーンですが、ゲームでは淡々と続くターン制の戦闘を、作中ではうまくアクション化しています。
ゲーム内の戦闘も、本来こんな感じなんだろうなあと思わせてくれるような作りになっています。

ドラクエお馴染みの呪文を使うシーンも結構出てきます。
自分がゲーム内で使っていた呪文を、映画の中でも使ってるのは見ていて面白いですね。
やっぱり、多少なりとも世界観や技、キャラを理解して上で見るとより楽しめるなと感じました。

あと何気に好きなのは魔物を倒した時の表現ですね。
ああ、ああやってお金落とすのかと(笑)

気になった点

何かと話題のラストシーン。
これは、ゲーム未プレイ、プレイ済み関わらず評価は分かれるかと思います。
私自身、別にこういうのも嫌いではないのですが、見た瞬間は「え・・・」と思いました。

ストーリー前半からうまく伏線があれば、少しはスッと入ってきたのかもしれませんが、
「お! ついにくるのか!?」というシーンからのあれなので、展開が急すぎて思わず真顔になりました(笑)

私としては今回のような構成でも悪くは無いかと思いますが、出来れば、多くの方が思っている王道の展開も見たかったですね。
恐らく、ドラクエという題材を使わないオリジナルストーリーであれば、評価は違ったのかもしれません。

総評

総評としては、ラストを除けば、ゲーム未プレイの方でもプレイ済みの方でも、
それなりに楽しめる内容かと思います。

ただ、やっぱりラストは気になりましたね。
あまりラストラストと言うと、気構えて見る楽しみが減ってしまうかもしれないので、
そう何度も言いたくは無かったのですが、どうしても印象的すぎて今回は比重重めで書いてしまいました。
勿論、良い悪いは人によりますが、個人的には全体通して普通に楽しめました。
比較的批判的な声が大きいですが、私を含め面白かったと感じる人も多くいるので、
ラストを含め、気になる方は劇場へ見に行くのは全然ありの作品だと思います。

また、現在ツイッターでキャンペーンを実施中で、
下記『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』公式のアカウントをフォローをした上で、
#映画ドラクエ激エモ とハッシュタグを付けて感想をツイートすると抽選でグッズが貰えるそうです。
映画を見に行かれた方は是非やってみては如何でしょう。

よかったらクリックお願いします!
おすすめの記事